【訃報】檀臣幸さん再発性大動脈乖離で逝去。再発性大動脈解離ってどんな病気?妻は声優の魏涼子。

MM-M95-0359

    【訃報】檀臣幸さん再発性大動脈乖離で逝去。再発性大動脈解離ってどんな病気?妻は声優の魏涼子。MM-M95-0359

    檀臣幸(だんともゆき)さんが10日午後11時49分自宅で亡くなりました。

    再発性大動脈解離で50歳の若さで亡くなりました。

    ご冥福をお祈りします。

    夏に向けて混んでくるので急いで!

    公式発表

    青年座の俳優、檀臣幸(だん・ともゆき)〔本名:田中良雄〕が、
    10月10日(木)23時49分、再発性大動脈乖離のため
    自宅で逝去致しました。行年50歳。
    ここに生前のご厚誼に深謝し、謹んでお知らせいたします。

    ■通夜    10月14日(月)18:00~19:00
    ■葬儀告別式 10月15日(火)11:00~13:00
    ■喪主    妻・魏涼子(田中涼子)

    ■会場    最勝寺 壇信徒会館(さいしょうじ だんしんとかいかん)

    〒161-0034 東京都新宿区上落合3-4-12
    電話:03-3360-2580
    都営地下鉄大江戸線・中井駅 A1出口徒歩2分
    東京メトロ東西線・落合駅 2番出口徒歩4分
    西武新宿線・中井駅 徒歩5分※尚、ご供花につきましては、金子総本店で取りまとめております。
    〔金子総本店:TEL 03-3469-2894 FAX 03-3389-7327〕

     

    引用元:青年座

    images (1)

    喪主を見て驚きました!

    魏涼子さんが奥様なんですね。

    魏さんは韓国ドラマの吹き替えもされています。←だから知ってる

    ご夫婦で俳優・声優さんだったんですね。

    まだお子さんも5歳・・・。(2008年4月生まれの男の子)

    無念だったでしょうね。


    スポンサードリンク

     

     

    再発性大動脈解離とは

    要約は下にあります。←私なりの解釈。

    まず、大動脈の解離(大動脈の血管の内・中膜と外膜の間が裂ける)がスタートである。
    解離発症時点では、重篤の度合いによって、
    ・大動脈破裂から死にいたる場合
    ・人工血管置換術の適用
    ・鎮痛、検査、血圧管理と絶対安静
    のいずれかの処置が取られる。
    即時入院、治療となり、病状に応じてその期間もさまざまであるが、基本的にはCT、MRIなどの検査、血圧降下剤の集中投与など、専門医の監視下に置かれる。
    解離とは血管の内膜と中膜に何らかの原因で傷が生じ、そこから血流が内・中膜と外膜の間に侵入し、血管内部の膜が裂けていくことを指す。
    重篤度も、心臓から腰部までの間の大動脈の部位、解離の規模などによってさまざまである。
    手術、あるいは血圧管理などの治療により破裂を免れると、血管の中膜と外膜の間に流れ込んだ血液はしだいに血栓化して、とりあえず固まっていく。しかし、血管が復元したというわけではない。
    内膜には血液の流れ込んだ入口と、内側に破れた口などができるが、また出口がないところでは袋状の瘤ができる。
    動脈瘤と異なるのは、内膜と外膜の間に生じているので、膜が一枚薄くなっているという点である。いわゆる、解離性大動脈瘤である。
    この解離性の瘤は、血液が血栓化して閉鎖する場合もあり、その場合はおそらく動脈硬化と同じような予後を辿ると思われる。
    しかし、一般には解離生大動脈瘤が大小いくつか残り、これを通院して監視しながら暮らしていくことになるようだ。
    一般の動脈瘤でも、最大直径50ミリを超えると、手術適応となる。
    重篤度、部位によっては人工血管置換術が行われるが、最近では開胸せずに鼠蹊部からステントグラフトを挿管して内膜の傷口を閉鎖し、瘤を血栓化するという方法が適用されるようになってきた。また、ステントグラフト手術は2002年から保険適応となっている。
    手術は、血流をバイパスさせたり、臓器が虚血状態になったり、脳血栓などを起こしたりという危険性はつねについて回る。
    ステントグラフトについても、ステントの隙間からの出血や血栓の発生などについて、まだデータが十分とはいいがたいようである。
    患者としては、初期の情報不足に大いに悩ませられるが、また治療中は交感神経に作用する血圧降下剤の副作用、食事、背中の痛みへの不安、いつ破裂するかしれないという心理的ストレスにもいっそう悩ませられる。
    とくに、いつ死んでもおかしくないという状況におかれるのであるから、毎晩生死について考え込み、鬱状態に陥ることも少なくない。
    また、予後には、外面的には通常の生活を行えるので、解離の再発や動脈瘤の膨張を予防するための行動抑制を、周囲から「怠惰」などと誤解して受け取られることもあるようだ。
    大動脈解離の原因は高血圧であると思われるようだが、これは誘因であって、問題は血管の内膜に傷をつけ、あるいは内膜をそのような状態にさせて傷口を生じさせるという本質的な原因があるはずと思われる。
    血管内膜の組織細胞に作用する何らかの原因があるとすれば、血圧管理が原因を除去するとは限らないし、現在の治療は、血圧管理と動脈硬化の予防くらいしかないので、再発についてはやはりつねに覚悟しておかなければならないということである。
    一度、発症しているのだから、くっついているとはいえ血管の内膜と外膜の間には異物(血栓)の層があり、剥がれやすいのではないか。また、解離性動脈瘤がある場合は、そうなった原因がさらに残りの外側の膜に傷をつける可能性も大きいのではないか。
    このように考えると、病態、術後、死亡例、生存率などの豊富なデータがないものかと考える次第である。
    ただ、覚悟して生きるということは人間すべてに共通することだが、健康な時は自分は死ぬわけはないという盲信を実は抱いているわけで、この病に遭遇して掛け値なしに死を実感しながら生きていくという、実に当たり前の生を理解できるようになったということはいえる。
    そのような意味で、他の誰でもない自分が、また他の何ものでもなく、本当に納得して生きるということを、心の底から知りえたという気がするのである。
    死と付き合うこともまた楽しからずや。同病者が辿りつくべきは、おそらくこのような楽観にあるのではないか。
    もちろん、このような境涯にいたるのは僥倖ともいうべきものだが、死を脱してもなお、解離の部位や状況、経過によっては、爾後、さまざまの障害を負うことを受け入れざるをえないのも事実である。

    引用元:紙田彰【大動脈解離および解離性大動脈瘤についての情報】

     

    難しい・・・。

    簡単に言うと、血管(大動脈)が裂ける。

    その裂け方によって死に至るか、手術するかってことかな。

    血管自体が裂けると、大動脈破裂で死に至る。

    まだ血管の中側の壁だけ裂けた場合、その間に血液が流れて固まる。

    それが血栓になってしまう。(治ってるわけじゃない)

    それが瘤になり解離性大動脈瘤になるそうだ。

    それがいつ破裂するかわからないとっても怖い病気みたいだ。

    そう解釈した。

    毎日生死を意識し、うつ状態になる人も・・・。
    ⇒元気になった人のブログ

     

     

    うちのマンションの管理人さんもこれだったのかな?

    何年か前に、昨日までいたのに、大動脈瘤が破裂して亡くなったって聞いた。

    凄いショックだったのを覚えてる。

    どっちがいいのかな?

    一応手術等で治って、毎日生死を意識して生きるのと、

    突然破裂するのと・・・。

    どっちも嫌だよ~

      ⇒きれいな二重の虹

    まとめ

    誰もがいつどのような病気になるかわからない。

    当たり前を当たり前と思わず、毎日一生懸命生きないといけないと、

    改めて思わされる機会になりました。

     

    心よりご冥福をお祈りします。

     

    ⇒桜塚やっくんの死因「心臓破裂」って?



      ↑↑クリックしてね!↑↑
      電気代高くない?


      シュミレーションしてみようヾ(*´∀`*)ノ



      BBCC


      1,400円でBBクリームとCCクリームのイイとこ取り!

      ラウディBB&CCクリームでツヤ肌ゲット!


      ドモホルンリンクル


      ドモホルンリンクルって「勧誘」あるの?
      スポンサーリンク

      いいね!されたら喜びます♪

      嵐が気になるヾ(*´∀`*)ノ

      コメントを残す