睡眠ダイエットで痩せる!寝不足は太る素

睡眠ダイエットで痩せる!寝不足は太る素d3d1a900-s

睡眠とダイエット効果について睡眠側から前回せめましたが、

今回、ダイエット側からせめて見たいと思います。

前回の記事はコチラ

満腹ホルモンと空腹ホルモン

 

睡眠時間が6時間以下と短いと、

満腹ホルモン「レプチン」減 ↓

空腹ホルモン「グレリン」増 ↑

このふたつのホルモンバランスがこのように崩れます。

グレリンが増えると食欲が増し、

高脂肪・高カロリー食を好むようになります。

レプチンは脂肪細胞から分泌するホルモンで、

減少すると、食欲を抑えられなくなります。


 

 

成長ホルモン

 

成長ホルモンの分泌が減ると、脂肪が増加します。

成長ホルモンを分泌するのに、脂肪を分解しカロリー消費しています。

絶対量が減るので、脂肪の分解もされません・・・。

 

他にも成長ホルモンの役割は

疲れを取る

免疫力を上げる

美肌効果←コレ大事!

身長を伸ばす(手遅れ?!)

などがあります。

 

成長ホルモンが分泌される時間が10時から2時。

睡眠のゴールデンタイムです。

w00-0707-130819

ベッキーも家にいるときは、必ず10時には寝るそうです。

(ストイックですね!)

10時は無理!って方は、

このゴールデンタイム内なるべく寝るようにしましょう。

 


スポンサードリンク
 




 

寝るタイミングっていつなの?

 

af9920074221l

睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が

朝日を浴びてから14-16時間後

 

成長ホルモンが10時から2時

 

成人が必要とされている睡眠時間が

7時間~9時間。

 

ライフスタイルもあるでしょうが、

12時くらいまでに寝ると、

痩せ体質になれるかな?

 

まとめ

 

毎日1時2時に寝てて、万年寝不足。

その上、休日には寝だめ・・・。

今回、深く反省しました。

今日からさっそく、12時に寝ます!!

01

こんなお腹になってやる!!

 

あれ?なんか結局、睡眠側だったかな??

 

 

こうやって誰かにダイエット宣言するのも、

効果大ですよ~♪

 


スポンサードリンク