NHK嵐15年目の告白。ハワイ密着ドキュメント感想まとめ!

NHK嵐15年目の告白。ハワイ密着ドキュメント感想まとめ!嵐,nhk

今、目の前にあることを頑張る・・・。

嵐の根底にある言葉。
大野さんが発した一言でした。

今頑張れないやつがいつ頑張れるんですか!

胸に突き刺さりました。

ゆっくりでも遠回りしても止まらないように
5人で一緒に歩いて行けたら嬉しい。

 

脱毛は秋から始める!

 

NHK嵐15年目の告白

2014/11/7(金)22:00~22:50OA

率直な感想・・・。
昨日のVS嵐とはやっぱり違うな~って。
VS嵐はプライベートを密着。
NHKはライブ舞台裏の密着。
バラエティーとドキュメンタリー。
違う視点で見れて良かったな。

描かれるのは、ライブの演出を担当する松本潤の苦悩。また、若き日の病気のため、ハワイには苦い思い出を持つ相葉雅紀は今回のステージに格別な思いを抱いていたという。そして、常に周囲を気遣い、現地スタッフとのコミュニケーションを大切にする櫻井翔。さらに、本番で予期せぬ事態に追い込まれた二宮和也をフォローした4人の機転。そして最後のアンコール、そのときリーダー大野智が涙した訳は?…初めてバックステージに入ったTVカメラが、克明に彼らの真実を明らかにする。

 

15年目の告白

 

櫻井翔:実は嵐は、僕らの年齢で、25歳ぐらいまでじゃないかな、と思っていた。

相葉雅紀:あの頃、僕は、嵐にはもう戻れない、って思ってた

松本潤:正直な話、(あの時大野に)すっげーむかついたんだ、俺。(笑)

二宮和也:自分の仕事の姿勢は、リーダーの一言が作ったんだ…

大野智:正直嵐をやめようと思ったことがあって…葛藤していた時があった…
引用:NHK

 

 

ライブの演出担当の松潤。
ストイックな松潤だからこそ妥協を許さず、
日々進化したライブが出来上がっているんだろうな。

前回のハワイのイベントにもやもやを残してしまった相葉ちゃん
肺気胸という病にかかり、2002年ハワイのステージに立てなかった。
再発もする肺気胸でもう嵐に戻ってこれないと思ってた。
戻って来れて良かったね相葉ちゃん(´;ω;`)

 

影のリーダー櫻井くん。
現地スタッフとのコミュニケーション。
英語でのコミュケーションができるなんてステキ♡
櫻井くんのTシャツには

aloha to everyone

みんなにALOHA~

嵐は25歳までだと思ってた。
10年続いてるイメージがなかった。
大野くんの日記より
嵐の今後について朝まで話し合い、
仕事の時が眠かった・・・。
その話し合いの結果今の嵐がある。
そういうことですよね?

 

ライブの最中に腰の肉離れをおこしてしまい、
激痛に襲われるニノ。
登場のジャンプを急遽変更。
そんなことがあったなんて知らなかった。
この回ライブビューイングで見てました(´;ω;`)
プロ意識は大野くんの言葉。

今頑張れないやつがいつ頑張れるんですか!

ニノのプロ意識の高さはこの言葉で出来上がってる。

 

嵐を辞めたいと葛藤してた大野くん。
とにかく自由になりたかった。
10周年までその気持ちが落ち着かなかった。

そして、大野くんの涙・・・。
そんな葛藤を乗り越えて
15年という年月が大野くんにとって
かけがえのない時間。
嵐で心から良かった。

今、目の前にあることを頑張る。
その結果今の嵐がある。

ゆっくりでも遠回りしても止まらないように
5人で一緒に歩いて行けたら嬉しい。

 

ハワイライブ終了!
デビューから15年経ってた。
気づけば泣いてた。
本当にこの5人で良かった。
このハワイでの時間は
一生忘れません!
素敵な旅をありがとう

大野智

ひとつひとつの言葉が
胸に突き刺さります。

ハワイでも忙しかった嵐のみなさん。
少しでもリフレッシュできていれば
ファンとしても嬉しいです。

 


スポンサードリンク
 




 

みなさんの感想

 

明日は嵐にしやがれ後半戦ですね!
前半戦のまとめ良かったら読んでください♪

嵐にしやがれ 櫻井翔編

嵐にしやがれ 松本潤編

嵐にしやがれ 相葉雅紀編

VS嵐も~

VS嵐ハワイで大野が泣いちゃったSP感想まとめ






本気で人生変えたい人はクリックしてください!


あなたはどんな人生を歩みたいですか?



↑↑クリックしてね!↑↑
電気代高くない?


シュミレーションしてみようヾ(*´∀`*)ノ

いいね!されたら喜びます♪



BBCC


1,400円でBBクリームとCCクリームのイイとこ取り!

ラウディBB&CCクリームでツヤ肌ゲット!


ドモホルンリンクル


ドモホルンリンクルって「勧誘」あるの?
スポンサーリンク

嵐が気になるヾ(*´∀`*)ノ

コメントを残す